【日本の銀行預金の金利、銀行の仕組み】

スポンサーリンク

今日は銀行預金の金利、そして銀行の仕組みについてお話します。
銀行預金についてよく知らない方もけっこういると思います。
日本人のほとんどが銀行預金は安心・安全と思っています。 

みなさん日頃から、銀行をよく利用していると思います。

銀行にお金を預けたり、給料の支払い、受け取りで利用したりしていると思います。
銀行にお金を預けている方に質問ですが、金利はいくらかご存知ですか?
銀行で金利はさまざまですが基本的には0.01%ぐらいです。一番低いところで
0.001%のところもあります。
そもそも、なぜ銀行にお金を預けるのですか?皆さんが銀行に預けたお金はどのように使われているかご存知ですか?

皆さんが銀行に預けているお金は、企業や国などが銀行にお金を貸してくれ、とお願いしてきた時に、皆さんが預けたお金を高い金利で貸しています。なので銀行のビジネス皆さんの預金で成り立っていると言っても過言じゃないかもしれません。
実際は、銀行にお金を預けているのではなくて、皆さんは銀行にお金を貸しているんです。
皆さんから借りたお金を、さらに、高い金利で銀行は貸し出しているんです。
皆さんは安い金利で銀行にお金を貸しているのです。
銀行からお金を引き出す時、手数料をとられますよね?これもおかしな話だと思いませんか?




銀行にお金を貸しているのに、返してもらう時、お金をとられるんですよ。お金を一回引き出すだけで、金利分は一発でなくなりますよね。
銀行ってめちゃくちゃ儲けてるはずですよね。銀行に預けるより、よっぽど自分で持っていた方がいいですよね。

なので、銀行預金は安全でもなければ、安心とは言い切れないのです。でも日本人のほとんどが、こうした銀行の実態を知らないので、銀行預金は安心・安全と思い込み、手数料をとられることに対しては、当たり前と思い、おかしいとは思わないのです。

あなたが銀行に預けた大金は、常に全額あるとは限らない、ということです。
日本人は投資に偏見を持っている方が比較的に多いと思います。FXは危ないとか、株式投資は危険だとか、FXや株式投資をやったことがない上に知識もない人がよくこういう事を言いますが、銀行預金も立派な投資なのです。

みなさんが銀行預金で損をして欲しくない、そして、銀行の仕組みや実態を知っていてほしいので、ぜひこの事は覚えておいてくださいね。
少しずつでいいのでこう言ったお金関係の知識を身につけていくことは大切な事ですのでぜひ、あなたの周りの人にも聞かせてくださいね。




コメント

タイトルとURLをコピーしました