【フィリピンの言語、タガログ語とは?】

スポンサーリンク

kumusta po kayo.どうもhirotoです。
今回は初心に戻ってみて、フィリピンの言語のタガログ語ってどんな言葉だったっけ?どんな言葉だっけ、ということについてお話したいと思います。もし、今タガログ語を勉強中の方はぜひとも読んでみてください。

【そもそもタガログ語って何?】

フィリピンは多くの島々でできている国で、その島でいろんな言葉があります。
タガログ語、ビサヤ語、イロカノ語とか、確か他にもあったような・・・

その中で、フィリピンの第一言語といっても過言じゃないのがタガログ語です。

みなさんが知っているフィリピンの首都マニラがあるルソン島ではこのタガログ語が使われています。
マニラで育った方達は、ビサヤ語やイロカノ語を理解できる人たちはほとんどいないそうです。まあ日本でも一緒ですよね。生まれ育った地域以外の方言で話されても全く理解できないですもんね。

タガログ語の特徴としては、英語とスペイン語がミックスしてできた感じかな。
タガログ語には、英語に似た単語やスペイン語に似た発音などがあります。これには、私の推測ですが、フィリピンの歴史が関係してるんじゃないかなーと思います。
フィリピンは昔、アメリカの植民地でもあり、スペインの植民地でもありました。なので、アメリカの言語とスペインの言語がミックスしてタガログ語ができたのではないかなーと思います。でもタガログ語ってスペイン語の方によく似ていると思います。スペイン語を聞いたことがない方は一度聞いてみてください。

タガログ語は、文の作りなどは、英語に似ています。
学生時代に英語の授業があったと思います。その時英語の文法を勉強しましたよね?英語の文法って述語が先に来て主語が最後にきますよね。タガログ語もそんな感じです。なので、日本人からしてみれば、とても難しく感じます。
英語を話せる人なら、タガログ語を覚えるのはそこまで難しく感じないらしいです。逆に日本人は、韓国語とか中国語が覚えやすいそうです。なぜかというと、日本語と文法が似てるからだそうです。

【タグリッシュって何?】

みなさんこの言葉聞いたことありますか?ほとんどの方が聞いたことがないと思います。この言葉はタガログ語と英語(イングリッシュ)を合体させた言葉になります。

フィリピン人て英語が堪能な人が多いって知ってました?小学校、中学校、高校に行った方はほとんど英語が話せます。日本は小学校、中学校、高校に行ったとしても英語で日常会話すらできるようにならないですよね。
でもなぜフィリピンの人は英語が堪能な人が多いんでしょうか?それは、

ほとんどの科目を英語でおこなっているからです。
日本って英語の授業ですら、授業のほとんどが日本語ですよね。だから日本人は英語が話せる人が少ないんです。

フィリピンは、歴史にしろ数学にしろ英語でおこなっているので自然と覚えるのです。

日常会話はもちろんタガログ語なのですが、英語とタガログ語をミックスして話す時もあります。英語のほうが文が短くて済む時などに英語を使ったりしています。英語の発音は完璧なネイティブ発音ではないかも知れませんが英語は理解できる人がほとんどです。これがタグリッシュです。




コメント

タイトルとURLをコピーしました