【タガログ語の簡単な日常会話7】

スポンサーリンク

kumusta po kayo. どうもhirotoです。今回も日常で使えるタガログ語を紹介していきたいと思います。単語を単体で覚えるのもいいと思うんですが、かたまりで覚えた方がリスニングも楽になってくるので、ぜひ覚えてみてくださいね。ではいってみましょう❗️

alam ko na sasaktan ka アラムコナササックタンカ 私はあなたが苦しむ(傷つく)のを知ってる

この言葉は日常であまり使うことはない?ですかね。まあ一応紹介しときます。この言葉の使い方としては、友達から恋愛相談など受けた時とかに使えそうですよね。その他にも場面によっては使えると思います。

tapat na iyan タパットナヤン 

このタガログ語の意味と使い方はいろいろあります。例えば、掃除しといてーと頼まれたとします。頑張ったけど掃除を全部できなくて、なんでここまでしか経ってないの?と言われた時に、このタガログ語を使うことができます。この言葉の意味としては、「そんなもんでしょ」みたいな感じです。この例から見ると、
頑張ったけどこれぐらいしかできなかった、という感じになります。

pakiulit. ano sabi mo パキウリットアノサービモ なんて言った?もう一回言って?

この言葉の使い方はそのままです。相手がなんて言ったか聞こえなかった時などに使ってみてください。

maraming tao na sa labas マラーミンターオナサラバス 外は人がいっぱいいる

この言葉の使い方としてはそのままです。例えば「どっか遊びに行こうよー」って言われた時とかにこの言葉は使えますよね。最初に「ayoko」と言ってもいいですね。ちなみにこのayokoはayaw koを短くしただけです。

500 na lang yong pera ko ファイブハンドレットナランペーラコ 500ペソしか持ってない

この言葉の使い方はそのままです。値段はその時次第ですね。

sino kasama mo シノカサマモ 誰と一緒?

このタガログ語の使い方もそのままです。

siguro ito no シグーロイトノ これだよね?

このタガログ語の使い方としてはそのままです。この「no」はタガログ語では「だよね」みたいな感じのニュアンスです。


今回のタガログ語の紹介はこんな感じです。どれも日常で使うタガログ語ばかりなのでぜひ覚えてみてくださいね。最後にタガログ語の曲を紹介します。




コメント

タイトルとURLをコピーしました