【タガログ語の簡単な日常会話5】

スポンサーリンク

kumusta po kayo.どうもhirotoです。今回も日常で使えるタガログ語をいくつか紹介したいと思います。日常で使えるタガログ語は旅行でフィリピンに行った時などでも問題なく使えるのでぜひ覚えてくださいね。ではいってみましょう❗️




mabuti naman dumating ka na マブティナマンドゥティンカナ おかえりなさい

この言葉は日本でも普段から使う言葉ですよね。この言葉は他にも使い方があります。例えば、家族の誰かが出かけてなかなか帰って来なくてやっと帰ってきたとします。そういう時にもmabuti naman dumating kana を使うことができます。

tatawag ako sa iyo タターワッグアコサイヨ 電話するねー

この言葉もよく使いますよね。このtatawagは電話するという意味なんですがこれは未来形になります。原型はtumawagになります。なのでtatawagは今から電話するときに使います。「あとで電話するねー」という時にも使えます。そういう時は、文の最後に[mamaya]「後で」を付けるだけです。「tatawag ako sa iyo mamaya]となります。現地の方はsaiyoを短くしてsayoという方が
ほとんどです。

teka lang テカラン ちょっと待って

この言葉もいろんな場面で使えますよね。この言葉と同じような意味の言葉がもう一つあります。それはsandali langです。langは付けなくて言っても大丈夫です。

bakit dito ka pa バーキットディートカパ なんでまだここにいるの?

この言葉もよく使う言葉だと思います。特にbakit「なんで」はよく使うので覚えてみてください。

bilisan mo ビリサンモ 早くして

この言葉の使い方としては、例えば、出かける時とかに、準備が遅い時にこの言葉を使ってみてください。

inom tayo イノムターヨ 一緒に飲もう

この言葉の使い方としてはそのままです。ぜひ現地で仲良くなった人がいたら使ってみてください。あと、関係ない話ですが、フィリピン人はカラオケが大好きです。


今回の紹介はこんな感じです。今回のタガログ語も日常で使えるのでぜひ覚えてみてください。そして現地でどんどん使ってくださいね。最後にタガログ語の曲を紹介します。




コメント

タイトルとURLをコピーしました