【ランディングページの作り方は超簡単。専門的な技術は必要ありません。】

スポンサーリンク

自分の商品を販売する時や、メルマガを始めようと思っている方は、どうしてもランディングページ(LP)が必要になってきます。




ランディングページは、あなたの販売する商品を購入してもらうために、メルマガに登録してもらうために、この商品を購入したらどんな未来が待っているのか、このメルマガに登録したらどのようなことが得られるのかを、ユーザーの方にアピールしつつ、しっかり価値を感じてもらうために肝心なページになります。

あなたもランディングページを見たことがあると思います。例えば、あなたが、趣味で釣りをしていて、もっと上手になりたいと思っていて、釣りが上手くなる方法が書いてあるランディングページを見つけたとします。メルマガに登録すると更にいろんな釣り方などを教えます、と書いてあったら、思わず登録してみたくなりますよね。

この登録してもっと知りたい、という気持ちにさせるのがランディングページになります。

ネット上で見かけるランディングページってきれいに作られていますよね。

ランディングページって作るの難しそーとか、専門的な知識が必要なんじゃないのーとか思っていますよね。

確かに、ランディングページは、ページ全体をデザインしなければなりません。ランディングページを使ってメルマガに誘導したい方はアドレスの登録フォームも設置しなければいけません。1からランディングページを作るにはプログラミングのスキルが必要になってきます。プログラミングのスキルを身につけるにはかなりの時間が必要になってきます。かといって、プロの方にランディングページ作成を依頼すると、それはそれでお金がそこそこかかってしまいます。

はじめはなるべくお金をかけたくないですよね。





私は、メルマガもやっているのですが、やるにあたってランディングページは必要になってきます。プロの方に頼むほどお金に余裕もないし、プログラミングの知識も全くないので、私はツールを使っています。

このツールはテンプレートになっていて、ランディングページに必要なさまざまなパーツをクリックひとつで自分が好きなデザインに組み合わせるだけです。

特に専門的な技術が必要ではないので、初心者の方でも、プロ顔負けのランディングページを作ることが可能です。詳しくは

LPテンプレートクリエイティブパック「Colorful(カラフル)」

をご覧ください。

初心者の方やランディングページの作成で悩まれていた方は、ぜひ使ってみてください。




コメント

タイトルとURLをコピーしました