【将来の夢、就職先が決まらなくても何も心配する必要はない】

スポンサーリンク

将来の夢、就職先が決まらずに悩んでいるあなたへ、
とりあえず何も心配しなくても大丈夫。そもそも、なぜあなたの選択肢には将来やることが企業に就職する、という選択肢かないのか・・・

あなたは企業に就職するために生まれてきたのですか?そうじゃないですよね?幸せになるために生まれてきたんでしょ?それなのに選択肢が企業に就職しかないというのなら非常に残念です。でも実は、あなたにその選択肢しかないのはしょうがない事なので安心してください。
これは国の教育方針があなたをそうしているのです。要は洗脳されているのです。

【日本の洗脳教育】

みなさんは義務教育を受けてきましたよね。この義務教育こそが洗脳の始まりです。

思い出してほしいのですが、小学校とか中学校って、やたらと集団行動をさせられましたよね?そしてみんなと違う事をしたら、怒られますよね。個性を出す事を封じられていました。これはなぜかというと、

義務教育の発端は、明治の初めごろに導入された制度、「学制」が発端です。
その当時、欧米諸国の圧力に対抗するために、国民の学力を向上させ、国のいうこと文句を何一つ言わず従う人材がたくさん必要でした。そして戦後もその名残が残って、戦後、物が不足している日本を豊かにするために大量に物を作ると共に経済を発展させる必要があったのです。そのためには工場で、文句ひとつ言わずいうことに従う人材が必要になったので、義務教育で子供の頃から、集団行動を身につけさせ、先生や目上のいう事は絶対に聞く、このような考えを植え付けられてきました。

そして最終的なゴールが企業に就職する。一生会社にしがみつきサラリーマンとして一生使われて終わり。この一連の流れを私たちは正しい、そして安定した道と思い込んでいます。それにサラリーマンが増えれば増えるほど、国としては都合も良いのです。それは税金を確実に回収できるからです。

あなたがもしサラリーマンとして働くのであれば、あなたの一度しかない貴重な人生という時間を会社に売って朝から晩まで労働してその代わりに給料をもらうわけですよね。自分の時間を会社からコントロールされ自由な時間がほとんどなくなります。そうすると人生の9割以上は会社に捧げる人生になってしまいます。どう考えてもおかしいですよね。

もしあなたが将来の進路に迷っているのであれば私がお話した事を覚えておいてほしいです。就職するだけが生き方じゃないんです。自分の人生という貴重な時間をもっと自分のために使ってほしいんです。

ネットが普及した今は、個人で稼ぐ方法はたくさんあると思います。

良い企業に就職するために良い大学にいって、いざ就職したら、思っていた感じと違ったとか言って仕事をやめたら、大学の学費ってただ単にお金の無駄遣いになってしまいますよね。

なので無理して大学に行く必要もないし無理して就職する必要もありません。

自分が好きな事をやって幸せならそれで良いんじゃない。お金が必要なら自分の好きなこととか得意なことでお金を生み出せば良いじゃないですか。




コメント

タイトルとURLをコピーしました