【お店やサリサリで注文する時に使える簡単なタガログ語】

スポンサーリンク

kumusta po kayo.どうもhirotoです

今回は、フィリピンに行った時にお店にご飯を食べに行ったり、サリサリでなにか買う時に注文する時に使えるめちゃくちゃ簡単ですぐに誰でも使えるタガログ語を紹介します。

今回紹介するタガログ語はシンプルかつ、単純なのでぜひすぐに使って欲しいと思います。

日本語でも、お店などで欲しい物を注文する時、

〇〇を1つください。

とか

〇〇を1つと〇〇を2つ、

みたいな感じで注文しますよね?
タガログ語でも、そっくりそのままこれを使いましょう。

例えば、

コーラを1つください。

と言いたいときは、

isang coke. イサン コーク

これを言えば問題なしです。どうですか?めちゃくちゃ簡単でしょ?

isangはタガログ語の数字の1のisaにngが付いただけです。ngはリンカーです。

これが、

コーラを1つとビールを2つ

と言いたいときは

isang coke tapos dalawang beer

どうですか?すぐに使えますよね。

さらにネイティブ感を出すなら、文の最初に

pabili

をつけるとネイティブ感が増します。この意味としては、
〇〇を買いたいんですけどみたいな感じですかね。
すぐに使えるのでぜひ使ってくださいね。

あとサリサリでお店の人を呼ぶとき、お店の人が女性ならateを使ってお店の方を呼んでみてください。男性ならkuyaです。

このatekuyaは、お姉さんお兄さんという意味ですが、自分の兄弟にも使えるし、お店の方を呼ぶときとかにも使うことができます。

あっ、ちなみにサリサリってみなさんご存知ですか?日本でいう小店や駄菓子屋みたいなところです。サリサリは、至る所にあります。

知識程度で頭の片隅に置いてもらいたいことがあるのですが、350mlぐらいのペットボトルに入ってるコーラがサリサリなどに売ってあるのですが、これを
フィリピンでは、ミスモと言います。なのでサリサリでコーラを買うときミスモ下さいと言ってみてください。
あと、タバコは一本からでも買えたり、ビニル袋にジュースの中身だけ入れて買えたりもします。日本じゃ考えられないですよね。

フィリピンに行ったら少しずつでいいので、使えるタガログ語はどんどん使ってください。少しでも自分の思いが伝わるとさらにフィリピンでの滞在時間を更に満喫できるし安心もできますよね。

タガログ語を少しでも上達したい方、タガログ語に興味のある方は、このブログのホームのサイドバーに私のメルマガのバナーがありますので、気になる方はぜひメルマガを受け取ってみてください。

今回もブログを読んでいただきありがとうございます。
また次回お会いしましょう。




コメント

タイトルとURLをコピーしました