前回紹介した単語を使って…

スポンサーリンク

kumusta po kayo どうもhirotoです。
前回簡単なタガログ語を紹介しました。前回は単語だったので、今回は、前回の単語を使った短い文を紹介して行きたいと思います。そして新しい単語なども紹介して行きたいと思います。ではいってみましょう❗️

・「masaya ako」マサヤアコ 

私は楽しいです 

※大事なことを言い忘れてました。
上の文をみてわかる通りタガログ語は基本的に述語の後に主語がきます。後ほど詳しく説明します。

・「malungkot ako」マルンコットアコ

私は悲しいです

・「masarap ito」マサラップイト

これはおいしいです

・「hindi ito masarap 」ヒンディマサラップイト

これはおいしくないです

・「gutom ako」グトムアコ

私はお腹が空いている

・「busog ako」ブソッグアコ

お腹いっぱいです

・「saan banyo?」サアンバンニョ

トイレはどこですか?

・「anong pagalang mo?」アノンパガーランモ

あなたのおなまえは?

・「anong oras?」アノンオーラス

何時ですか?

・「alin masarap?」アリンマサラップ

どっちがおいしいですか?

・「paano ba ito」パアーノバイト

これはどうすればいいですか?

・「puwede bang magtanong?」プウェーデバンマグタノン

質問してもいいですか?


今回の紹介はこんな感じです。前回紹介したタガログ語よりは、よりリアルな会話に近ずいたのではないでしょうか?今回のタガログ語も覚えておくととても便利ですよね。

スポンサーリンク

先ほど文頭でいった通りタガログ語の文の作りを紹介したいと思います。

タガログ語の基本文1

例えば、「私は悲しいです」と言う文は「」が主語で「悲しい」が述語ですよね。日本語の文は、主語が先にきて述語があとに来るのに対して、
タガログ語は、「malungkot ako」となります。「malungkot」は悲しい、
ako」は私、と言うように述語が先にきて主語があとにきます。「あなたは悲しい」や「彼は悲しい」も同じです。ただ「あなたは悲しい」の場合は前回紹介したあなたと言う単語「ikaw/ka」、そうなんです、2つありますよね。どっちを使えばいいのって思いますよね。この場合は「ka」を使います。文の2番目に主語が来る場合は「ka」を使います。「ikaw」を使う場合は後ほど説明します。
指示代名詞も同じです。例えば、「これはおいしい」と言う文はタガログ語で「masarap ito」。「masarap」はおいしい、「ito」はこれ、と言うように、述語のあとに主語がきてますよね。それはおいしいや、あれはおいしい、も同じです。このように「私は〜」や「これは〜」と言う文は基本的に「述語+主語」です。これが否定する文になると順番が変わってきます。次回紹介したいと思います。では最後にタガログ語の曲を紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました