【フィリピン語の簡単な日常会話】

スポンサーリンク

kumusta po kayo.どうもhirotoです。土曜日の夕方にフィリピンに着きました。フィリピンにきて三日目ですがずーっと雨です。それとさすがフィリピン、相変わらず渋滞が凄すぎです。写真は後ほどアップします。

さて今回はタガログ語の日常会話と言うことで紹介していこうと思うんですが、前にも似たような記事をアップしてたと思います。もしかしたら同じタガログ語を紹介するかもしれませんが、使用頻度が高そうなタガログ語を選んでいくつか紹介します。では行ってみましょう❗️

1[ano ginagawa mo] アノギナガワモ 何してるの?

2[tara na]タラナ 行くよ

3[saan magkita tayo]サアンマグキタターヨ どこで待ち合わせする?

4[kumain kana]クマーインカナ ご飯食べた?

4[oo tapos na]オオタポスナ うん、食べたよ

5[gustoko pupunta sa ~] グストコププンタサ〜 〜に行きたい

5[oo sige na]オオシゲナ うん、いいよ

6[ano iyon ano]アノイヨンアノ 何だっけ・何があるかな〜

今回の紹介はこんな感じです。今回紹介した1〜6は日本語と同じような感覚で使っても大丈夫です。今回紹介したやつはめちゃくちゃシンプルに思えますがしっかりフィリピン人に伝わります。なので恥ずかしがらずにどんどん使ってみてください。発音などは最初は気にしなくても大丈夫です。なぜかと言うと、英語も一緒だと思うのですが、タガログ語は舌を使う発音が結構あります。日本語って舌はあまり使わないでどちらかと言うと喉で喋る感じですよね。なので日本人からしたらタガログ語を発音するのは最初は難しいです。特にLとRの発音とかですね。でも最初はなんとなく相手に伝わるだけでしっかりフィリピン人は理解してくれるので大丈夫です。そのうち舌の使い方も慣れてくるでしょう。 

舌の使い方は、タガログ語の曲を聴いてみて、耳を鳴らしたり、どうしたら同じ発音ができるかなど、簡単に練習できるのでやってみてください。

最後にタガログ語の曲を紹介します。




コメント

タイトルとURLをコピーしました